渋谷区”訪問介護・ケアマネ”連絡協議会主催の交流会

渋谷区の"訪問介護連絡協議会"と"ケアマネジャー連絡協議会"の合同交流会に参加して来ました。実はこれ、協議会初めての試みだったそうで、訪問介護事業所にとっては、渋谷区内のケアマネジャーさんと交流(営業)する絶好のチャンスだった訳です。

訪問介護連絡協議会・ケアマネジャー連絡協議会、初の合同交流会

交流を深め、渋谷区訪問介護事業を盛り上げて行きましょうというねらい。
普段、飛込みで営業に行っても、なかなかゆっくり話しが出来ないものですが、こう言う機会を設けていただけるのは大変ありがたいことですよね。私は初参加でしたので、目に入ってくる光景全てが新鮮でした。今回は軽食をとりながら、アルコールも入ってパーティのような和やかな雰囲気。

 

◆18:30~開始

の予定でしたが、受付けが混み合っていてなかなか始まらないので、各テーブルでは早々に自己紹介がてら名刺交換会が始まっていました。私のテーブルには、協議会の会長や、なんだか発言力のありそうなケアマネさんが方がいらして、乾杯前からアルコールが入りとても盛り上がっていました。

やはり、こう言う場に参加して、どんどん顔と名前を売って行かなければいけないんだと痛感しました。私はキャラが定まっていないので、まだまだです^^;

◆乾杯の後~服部先生のお話~

「渋谷区の介護保険」

にかなり尽力されている方だそうで、各地で講演会もされていてケアマネジャーの間では知らない人はいないそうです。当初20分のお話の予定でしたが40分くらいに延びました。後ろの方では、みんな遠慮なく名刺交換していました。そんな雰囲気です^^
先生のお話のテーマは「介護保険法改正へ利用者・家族の声を届けよう」というもので、今年2月から介護保険部会で討議されたものを11月にまとめ、12月に法律案にするものだそうです。近い将来介護保険はどうなって行くのかなど、より切迫したお話を聞く事が出来ました。要約すると、財務省と厚生労働省は2017年度の医療介護1400億円削減(国は3年間で1.5兆円抑制)
医療:
①かかりつけ医外の受診に定額負担をかける
②高額医療費の見直し
③薬価削減

介護:
①自己負担2割の拡大
②高額医療費上限の見直し
③要介護度の低い人の介護保険外し
④大企業の介護保険料の見直し
を図っているそうです。

平成27年から、3年以内に全国全ての要支援者(予防)のヘルパーとデイサービスが市町村事業に移行になることは既に決まっていて市町村ごとに施行が進んでいます。

財務省は今後、要介護2までをを総合事業へ移行させようとしています。また介護保険の単価より下げる指導が厚生労働省から行われており、サービスを提供する事業所が減ってしまったり、利用者にとっては報酬単価の減少に伴い利用時間や回数の減少が行われています。

 

財源不足は理解出来ますが、今後は介護保険を使うにしても自己負担割合が増えて行くのは目に見えていることで、所得の低い層だけでなく中間層にも影響を及ぼします。
結果的に、自立支援に繋がらないという事です。自費負担が増えることによる、高額介護費や高額療養費のアップは在宅生活の困難や悪化につながるという悪循環を引き起こします。

◇従来の介護保険のサービス継続を要望し、40歳から払い続けても使えない保険にしてはなりませんということでした。そして、このような声をどんどん上にあげていきましょうという力強いメッセージを頂きました。

 

各事業所のアピール大会

ウチの事業所は急遽参加する事になったので間に合わず提出していなかったのですが、各事業所から、申込み時に一緒に提出されたアピールコメントシートの内容が発表されました。

 

他にアピールしたい方〜🙋

私にとって"本日のメインイベント"です!
ここでアピールできないと会社に戻れない覚悟でやって来ましたから。アルコールも入っていた事と、同じテーブルの方々が盛り上げて下さったので、何とか切り抜ける事が出来ました。

 

フリータイム・名刺交換会

時間がかなり押していたので、あまりフリータイムはありませんでした。軽食やおつまみ・飲み物類も持ち込みだったので、片付けもある程度はみんなで行い、テーブルのセッティングも直して帰りました。閉会の挨拶の際、まわりを見渡すと大分人が減っていて…途中で退席された方も多かったようです。

 

 

感想とまとめ

たくさんのケアマネさんや他事業所のサービス提供責任者の方々と交流を深め、情報交換することができたことは私にとって、とても有意義でした。実際の現場では嫌なこともたくさんあるし、職場や会社への不満もありますが、こうして交流をしていくことで自分の立場を見つめなおしたり、会社への愛着がわいたりするのも事実です。勤務時間外の活動なので、来る前は「面倒だな…」という気持ちもあったのですがやはり得るものは大きいです。
私もそうだったように、今まで参加したことのない方にも今日の様子を伝えることで興味を持ってもらい、ぜひ次回は参加して欲しい!と思いました。
では また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

介護のお仕事しながら、受験生をもつ母親として日々奮闘してます。毎日の生活の中で発見したことを独自の目線で伝えて行きたいと思います。趣味はアンチエイジング、癒しはやっぱり愛猫です。