ジブリ映画【ゲド戦記】は原作のアナザーストーリーだった!

スタジオジブリの作品では異色と言われる「ゲド戦記」主人公の少年王「アレン」の魅力を考察してみました。いろいろと批評された本作品ですが、私はアレンの心の闇に魅了されてしまいストーリーの整合性など細かいことは飛び越えてジブリ作品の中では、かなりお気に入りです。

ゲド戦記の主人公は誰?

スタジオジブリ映画「ゲド戦記」は宮崎駿監督の息子である宮崎吾郎監督の初作品です。
原作で同タイトルの「ゲド戦記」(著者はアーシュラ・K・ル=グウィン)に基づいて描かれた作品でもあり、もともとは父である宮崎駿監督が原作を気に入っていていつか映画化しようと構想をあたためていた作品なのだそうですよ。

 

ところでこの「ゲド戦記」

原作では名前の通り、ゲド(ハイタカ)が主人公なんですが、本作品では

  • 主人公アレン(レバンネン)
  • ヒロインテルー(テハヌー)

となっています。

長編大作である『ゲド戦記』の小説は全6巻にも渡りその一部を繰り抜いてアニメ化しているために、ストーリーとして分かりづらい部分も沢山ありますので原作と合わせて観るのがお勧めですが、この作品は吾朗監督の独自解釈で物語が作られているため「ゲド戦記~アナザーストーリー~」と思った方が素直に受け入れられるかも知れません。

 

あらすじ

それでは『ゲド戦記』のストーリーを軽くおさらいしてみましょう。

物語の舞台である多島海世界アースシー、魔法使いハイタカ(ゲド)は災いをもたらす原因を突き止める旅の途中でエンラッドの王子アレンと出会う。父を刺し魔法の剣を奪って逃亡してきたアレンは、実体のない「影」に追われ、精神を病むようになっていた。共に旅をことになったハイタカとアレンは、ホートタウンという町に辿り着き、町はずれに住むハイタカの幼馴染み・テナーの家に身を寄せる。そこには親に捨てられた少女テルーも住んでいた。

ハイタカに強い恨みを持つ魔法使いクモは、ハイタカをおびき寄せるため手下であるウサギを使いテナーを連れ出す。
※ウサギは魔法使いではありません。

ここから物語は大きく動いていきます。

少年アレンと大賢人ゲドの旅を通して「生きること」の意味を世に問う壮大な物語です。

 

アレン役はV6の岡田准一

アレンの声優はV6の岡田准一さんです。

ジブリと言えば本職の声優さんを起用しないのが定説ですよね。
これは父の宮崎駿監督の意向で、声優っぽいセリフ回しが好みでない為なんだとか。

それにしても、岡田准一さんの影を感じる低い声がアレンの暗~い雰囲気にぴったり!少し前までは、「V6の岡田准一」という認識でしたが、今や映画俳優としても確固たる地位を築き、NHKの大河ドラマでも主役を務めあげ、魅力的な大人の俳優になりました。

アレンは、ビジュアルのイケメンぶりにも大注目されていましたね。ジブリ作品の中でも1・2位を争うイケメンなのではないでしょうか。
※宮崎吾郎監督は岡田准一さんの声優を気に入られたのか、次の「コクリコ坂」でも主人公である風間俊役の声優にも選ばれていました。

 

アレンの名セリフと言えば!

#やれよ…
偶然居合わせたテルーの拉致現場で、突如別の人格が現れ、戦闘モードに入ったアレンが放った言葉。

不安定なアレンのこころが闇となり、光の部分を置き去りにして暴走し始めます。別人格が出ているだけあって超怖いです!

 

#人はいつか死んでしまうのに、命を大切にすることなんてできるのかな?終わりが来ることが分かっていて、それでも生きていかなければならないのかな…
chapter20:真の名を明かし、クモ(田中裕子)に囚われていたアレンの元へテルーがやってきて剣を渡した時に言うセリフ

生きる気力を無くしたアレンが胸の内を呟く姿にジーンと来ます。若さゆえに悩み苦しむところです。人間は誰しも生命に対して尊いものだと認識しながら、一方で矛盾を感じてしまうことがありますよね。

 

#怖いのは皆 同じなんだ!

死を恐れ、魔法で生きながらえ、永遠の命を手に入れようとしているクモに言った言葉。

ハイタカの命を奪いそうになった時、彼に教えられた”天からの授かりもの”が効いているとしか思えないセリフです。

 

#おまえはぼくと同じだ。光から目をそむけて闇だけを見ている。ほかの人が他者であることを忘れ、自分が生かされていることを忘れているんだ!死を拒んで生を手放そうとしているんだ
chapter22:魔法で鍛えられた剣によって本当の姿(老人)になり狼狽するクモに向かってレバンネン(アレン)が説得する

自分自身の命を大切にすることは、自分が生かされていることを知り、他者の命を大切にし、巡り巡って世界の均衡が保たれていく。そうして命は受け継がれていくのだと教えてくれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

介護のお仕事しながら、受験生をもつ母親として日々奮闘してます。毎日の生活の中で発見したことを独自の目線で伝えて行きたいと思います。趣味はアンチエイジング、癒しはやっぱり愛猫です。