【排泄介助】尊厳を支えるトイレ介助の具体的な方法とは

排泄は、日常生活の中で最もプライベートな部分であり、人間が生きていくうえで欠かすことの出来ない生理的な行為ですよね。何らかの障害があって介助してもらわなければならなくなったとしても、他人に触れられたくないという思いは誰でも変わらないでしょう。

排泄介助の基本姿勢は尊厳を守り自立支援を支えること

排泄の介助は、利用者の尊厳を守りつつ行うことが大前提です。介護の現場ではこの【尊厳】という言葉がキーワードになっています。簡単に言うと「その人らしさを尊重する」ということなんですよね。
「排泄介助の基本姿勢は尊厳を守り自立支援を支えること」といえます。

排泄の介助は、要介護者のADL(日常生活動作)に合わせて必要な部分を支援します。

 

プライバシーを守り、尊厳と自立を支えます

排泄の介助を人に委ね、オムツを着けた生活をするという状況は誰もが避けたいと考えることでしょう。私たち介護職員は、介護のプロとして言動には注意を払い、尊厳を支える支援を行いながら、やがてはオムツがはずれ排泄が自立できるような支援を考える必要があります。私の経験上、介護を受ける人は恥ずかしさや惨めさもあってか、されるがままになり、あまり自分からは要求してこないことがほとんどです。

 

排泄の自立に向けた支援とは

自立支援を行ううえでは、特に移動の自立度に応じた支援を心掛けます。

【歩行が可能ならばトイレで】
トイレまで歩けるのであれば、尿意・便意に関わらず、トイレに行って便座に座ってもらいましょう。

筋力アップや関節可動域の向上にもつながりますし、何より自分で動けるという自信にもつながります。

 

【座位が取れるならばポータブルトイレも】
トイレまでの移動が難しい場合は、ポータブルトイレという選択肢も取り入れましょう。

座位が取れれば、自分でオムツ交換ができるようになります。立ち上がりに介助が必要であっても、プライバシーが保たれます。

 

【ベッド上で寝たきりの場合は】

廃用症候群の予防のためにも、オムツ外しに向けたきっかけを考えます。

尿意や便意があれば排泄用具の活用も提案してみます。

 

 

介助が必要な利用者のトイレ介助の具体的な方法

1.体調を確認し、これから行う動作について要介護者に説明し同意を得る。

→簡単に言うと
トイレで用を足すのか、オムツを替えるのかを伝え、介護者がお手伝いしますがよろしいですか?と了承してもらうことですね。トイレでは血圧の変動などから、急にめまいを起こしたり体調を崩すこともあるので、声をかけながら注意します。

 

2.プライバシーに配慮し環境を整え、ケア用品の準備をする。

→トイレまで移動できる場合は、付添いながら一緒に移動します。
※ポータブルトイレを使用する場合は、ベッドに腰掛けてもらい、ポータブルトイレの蓋を開けます。

 

3.介助バー、手すりなどに掴まってもらい、必要に応じて立ち上がりの介助をします。

  • 自分でしっかり立てるようであれば、手すりなどに掴まりながら、ご自分でズボンや下着を下ろしてもらいます。
  • 便座に腰掛けてもらう時は、便座の位置を確認してもらい前かがみになりながら座るよう声かけします。

※トイレに入っている間、目を離せないのであれば替えのオムツ(リハビリパンツ)や尿取りパットを持って一緒に個室内に入りますが、用を足してる間、離れても大丈夫であれば、その間に取りに行ってもいいでしょう。

 

4.自分で臀部を拭けるようであれば、トイレットペーパーの位置を確認し届かないようであれば、適量取って渡しておきます。

  • 排泄後の合図を決め(呼出しボタンを押す・声をかける等)一旦席を外すか、利用者の視界から外れた場所で待機する。
  • 利用者が声を掛けられない場合や、ボタンを押せない場合もあるので、排泄の終了を見計らって声をかける。
  • 排便があった場合は、ウォシュレット機能やシャワーボトルなどを使って臀部を洗うと清潔が保たれます。

 

5.手すり等に掴まってもらい、前かがみになって、立ち上がってもらう。

  • この時、立ちくらみしやすいので転倒に注意が必要です。

 

6.ベッドや椅子に腰を下ろしてもらい、本人が手が洗えない場合は、おしぼりを渡すと良いですね。

  • トイレ内に手洗い場がある場合は、もちろん流水で手を洗い流して下さい。
  • 介護者もこの時手を洗い、利用者の体調を確認し、排泄物を片付けます。

 

留意点

  • 時間や、様子などから尿意を察知してトイレ誘導する。
  • できない部分を介助し、できる所はできるだけ本人にやって頂く
  • 安全確認を怠らないこと

この時、普段は確認が難しい皮膚トラブルなどもチェックをしておくといいでしょう。意外と仙骨部が褥瘡になりかけていたりしますよ。

 

まとめ:失禁による心身への影響

排泄機能は自律神経が調節していると言われ、心の影響を受けやすいものです。私たちでさえ、緊張でトイレが近くなったりストレスで便秘になったり…って思い当たるふしはありますよね。失禁があったとしても普通は、誰にも気付かれずに自己処理できるものですが、慢性的なものであったり、介助は必要になった場合の精神面に与えるショックは計り知れないでしょう。

だからこそ、私たち専門知識を学んだ介護のプロが、きちんと役割を果たし「尊厳を守り自立を支援する」姿勢を示していかなければならないと思います。実際の現場では理想と現実のギャップに悩まされることも多いですが、基本姿勢が身についていればブレることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

介護のお仕事しながら、受験生をもつ母親として日々奮闘してます。毎日の生活の中で発見したことを独自の目線で伝えて行きたいと思います。趣味はアンチエイジング、癒しはやっぱり愛猫です。