【事例】介護保険で絶対にやってはいけないこと

こんにちは。


今日は、介護保険のヘルパーさんがやってしまいがち…だけど絶対やってはいけないことをお伝えします。難しいことではありませんが「え?知らなかったの?」と言われることもありますので覚えておいて下さい。

 

本人不在中にサービスを行った事例

 

ヘルパーの鈴木さん(仮名)は、毎週月曜日、10:00〜11:00で利用者の自宅に訪問介護員としてサービスを提供おり、サービス内容は掃除です。利用者のAさんは、要支援2で総合事業の訪問型サービスを利用されています。

 

今週の月曜日、通常通りにヘルパーが伺うと娘さんが応答され 「今日、母は病院に行っちゃったの、私が留守番しているから、お掃除お願いできるかしら」とのこと。

 

ヘルパーは、本人が不在である場合サービスは行えないと知っていたけれど、会社からは何の連絡も無いし、この状況ならば事を荒立てたくないし、今日はもうやってしまおう。と思ったそうです。

 

その後、ご家族にも何も言わず掃除をして退出しました。三日後、たまたまサービス提供責任者と電話で話す機会があって近況を聞かれ答えたことで発覚しました。

 

何がいけなかったのか


ここで一番問題なのが

  • 本人不在状況でサービスをおこなったこと
  • サービス提供責任者へすぐに報告しなかったこと

 

介護保険では、本人が在宅している中で行われる事が大前提です。しかもヘルパーは本人不在時はサービスを行えない事を知っていましたね。

 

次に、通常のサービスが行えない状況になった場合は、必ずサービス提供責任者へ報告し指示を仰ぐことになっていますが、それが出来ていませんでした。要支援・要介護状態にある居宅へ訪問介護に入る場合、ケアプラン(介護計画)に基づいたサービスが行われます。

 

掃除とは言っても、居室・台所・浴室・トイレ等あり、どの場所をどの様に掃除するかは担当者会議で話し合われます。実際にサービスが開始されると、計画内容と違う依頼を受ける場合も考えられますが、基本的にヘルパーは1人で直行しますので、それはサービス提供責任者と密に連絡を取り合って臨機応変に対応することも求められます。

 

ただあくまでケアマネジャーが作成したケアプランに沿ったサービスです。サービスの変更があった場合はケアマネジャーへの報告もしなければなりません。命に関わる緊急事態以外は現場の判断で計画を変えることはありません。

 

ヘルパー側の言い分

今回ヘルパーに事情を聞くと

  • 先週入った時にご本人からは何も言われなかった
  • 会社からも連絡がなかったから入っていいものだと思った。
  • 家族が当然のように”掃除お願い”と言ってきていたので断れなかった。
  • もしダメなら契約の時に本人や家族にもちゃんと説明するべき!

と言う言い分もあったようですが、契約書内容を全て覚えている方はほとんどいませんので実際には、その都度ご説明しご理解を頂きながらすすめていく事になります。

 

 

まとめ: サービス提供責任者はどう対応すべきか

今回の件について、報告を受けたサービス提供責任者はまずがとるべき行動は

①管理者に報告し今後の相

上記の対応のままでは「不正請求」になってしまうからです。通常であれば介護保険での請求ではなく、自費での請求となります。ちなみに介護保険では通常1割(収入によって2割)負担ですので1回300円弱とすると、自費は5~7倍の利用料金がかかります。

※ちなみに今回のケースでは、こちらの落ち度であった為、請求をしないことになりました。

 

②ご利用者へ連絡

今回はご本人が不在であった事と、通常の連絡窓口が娘さんであったことから、娘さんにご連絡しました。請求しないということで了承して頂き、今後は必ず、ご本人に在宅していただくよう説明すると、「知らなかったとは言え申し訳ない事をした」と言っていただき次に繋げることができました。

 

③ケアマネージャーに報告

一連の経過を必ず報告します。通常のサービスが行われなかった場合は、その理由を報告する義務があります。

 

④担当ヘルパーへの指導

とても大事なことでありヘルパーへの個別研修でも伝えてはいるのですが、介護保険についてや法改正があった場合は、年度始めにも必ずお知らせしていますので是非活用して下さい。「分かっていてもやってしまう…」といった現場ならではの”つい…”のとっておきな対処法を伝授いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

介護のお仕事しながら、受験生をもつ母親として日々奮闘してます。毎日の生活の中で発見したことを独自の目線で伝えて行きたいと思います。趣味はアンチエイジング、癒しはやっぱり愛猫です。